AviSynth

スクリプトとプラグインで機能を拡張 動画専用の無料言語プログラム

AviSynthは動画ファイルの編集・フィルター設定・エンコードを行うことが出来る、動画専用の無料言語プログラムです。グラフィカルなインターフェースを持たず、文字による「スクリプト」によって動作します。機能を拡張するプラグインやスクリプトがユーザーによって多数公開され、組み合わせ次第でプロレベルの動画編集ソフトに負けない機能を使いこなすことが可能です。操作の敷居は決して低くありませんが、緻密で高度な動画編集を行うのに適しています。 完全な説明を見ます

賛成票

  • スクリプトを作成することで緻密で高度な動画編集を行うことができる
  • 機能を拡張するプラグインやサンプルスクリプトが多数公開されている
  • 画質や音質を調整するフィルターが内蔵されている

反対票

  • スクリプト作成には地道な作業が必要になる

6

AviSynthは動画ファイルの編集・フィルター設定・エンコードを行うことが出来る、動画専用の無料言語プログラムです。グラフィカルなインターフェースを持たず、文字による「スクリプト」によって動作します。機能を拡張するプラグインやスクリプトがユーザーによって多数公開され、組み合わせ次第でプロレベルの動画編集ソフトに負けない機能を使いこなすことが可能です。操作の敷居は決して低くありませんが、緻密で高度な動画編集を行うのに適しています。

基本的な操作は、メモ帳などのテキストエディターを使ってスクリプトを入力してAVSファイルを作成し、AVSファイルに対応した動画編集ソフト(VirtualDubModなど)で読み込んで作業を行います。AVSファイルのスクリプト文法が分からない時は、ユーザー有志によって公開されている入門ガイドを参考にすると良いでしょう。

スクリプトを記述して、内蔵されているフィルターを利用することも可能です。内蔵フィルターは、色変換や補正、オーバーレイ(映像の重ね合わせ)、サイズ変更など画質に関わるものや、音声処理、他のフィルターの制御など多岐に渡って提供されています。同梱されているサンプルスクリプトを参照しながら、自分なりの使いこなし方を見つけてみては如何でしょうか。

ただ文字入力によるスクリプト作成は、プログラミングのような地道な作業が必要です。プログラミングに抵抗があるという人は、グラフィカルインターフェースを備えた動画編集ソフトを使った方が良いかもしれません。

AviSynthは動画ファイルの編集・フィルター設定・エンコードを行うことが出来る無料の言語プログラムです。

AviSynth

ダウンロード

AviSynth 2.5.8